八ヶ岳総合博物館

未分類, 蓼科散策八ヶ岳総合博物館, 動物, 博物館, 工芸品, 植物, 民芸品, 自然

 八ヶ岳総合博物館は、蓼科区から車で15分ぐらい、ピアミドリの近くにある、茅野市運営の博物館です。
 茅野市の自然、歴史、産業、民俗を展示しています。八ヶ岳で普段見かける植物や動物など展示されていますので、「え? このヒョッコリ顔を出した小動物、なんていう名だろう?」などお知りになりたい方は興味深く見学できるのではと思います。 観覧料は2019.11時点で大人310円です。

八ヶ岳総合博物館入り口です。
受付で入場料を支払い、左の階段で上がります。常設展示は二階です。
今年の干支だからでしょうか。まずイノシシ君が出迎えです。子供の時は「うりぼう」と呼ばれているのですね。
次に色々な岩石の標本です。
火山が火を噴きます。^^
普段、見慣れた動物たち。ここで勉強すれば、顔と名前が一致するかな?
アナグマ君です。
こちらはテン君。
イタチ君。
のうさぎ君。
動物だけではなく、虫の標本もあります。
植物の名前も調べられます。その気になればいくらでも勉強できますね!
人々の昔の暮らしに関する展示も充実しています、これは機織り機ですね。
馬具や太刀も。

 これ以外にも、縄文考古館にあったような土器や、様々な民芸品、のこぎりなど、多数展示されています。^^

 ⇒こちらが八ヶ岳総合博物館のHPです。休館日などご確認いただければと思います。