蓼科高原美術館【矢崎虎夫記念館】

蓼科散策八ヶ岳ロープウェイ, 彫刻, 矢崎虎夫, 美術館, 蓼科高原美術館

 蓼科高原美術館は八ヶ岳ロープウェイ山麓駅の向かい側。茅野市出身の彫刻界の巨匠、矢崎虎夫氏の彫刻を中心に多様な作品を展示しています。
 そこは魂の浄化の空間。時間が永遠に止まったような静かな館内でじっくりと氏の作品群と向き合ってみてください。圧倒的なパワーが心の深くにず~んと伝わってくるはずです。 

館内撮影について
 今回、蓼科区の取材ということで、気持ちよく館内撮影の許可を頂きましたが美術館HPでは、館内撮影禁止となっています。撮影の可否については各自でご確認頂ければと思います。

山麓駅の向かい。歩いて一分のところにあります。
館内は大変に静かでした。深呼吸をし心を落ち着けると不思議なパワーが空間にみなぎっていることが分かります。
いくつか顔が無い彫刻があります。顔の代わりの空間に何を見るか。ゾクゾクっとしてきます。
圧倒的なパワーがあります。ぜひ実物と直接対峙してみてください。
小品もたくさん、展示されています。
茅野市生まれの、日本が誇る巨匠です。
雷電像。これこそパワーの塊ですね!
雲水群像 求道への命がけの憧れを感じました。
思わず襟を正します。
日射という像です。 体中乾いて、ボロボロに崩れそう・・・
大観音の像 館内にはたくさんの仏像も。深い精神性、宗教性が伝わってきます。

  美術館二階には訪れた方が書き込めるノートブックが置いてあります。パラパラとみると、「これほど素晴らしい作品群を、 こんなところで鑑賞出来るとは!」「何度でも来たい!」「パワーに圧倒されました」といった、驚きと賞賛の声で埋まっていました。
 八ヶ岳ロープウェイの真向かいという立地です。 入場料は大人で わずか 500円。 ロープウェイに来られた方は、ぜひこちらも覗いてみてください。そうしなければあまりにも勿体ないです!\(^o^)/

 ⇒蓼科高原美術館HPへ
 冬季休館もあり、開館日・営業時間をご確認下さい。