不動産情報

2019年4月24日不動産情報

蓼科は日本有数の別荘地。茅野市全体では1万件以上の別荘があり(一つの市としては日本最多だと聞いています)、蓼科にはその半数以上が集中しています。これだけの数が集中しているため、別荘オーナーの代替わりもあり、別荘の売り物件は常に存在しています。

もちろん、お金にゆとりのある方は、更地を購入(ちなみに、多くの別荘地は国定公園の中にあり、土地は賃借権となるものがほとんどです。個人が国定公園の土地を所有することは出来ないそうです)し、新築物件を建築しますが、中古物件の購入も可能です。

タイミングにもよりますが、都会の感覚では、これほどの豪邸がこんなに安く!?と驚くような格安物件もあるのです。別荘地の多くの土地は300坪前後かそれ以上広さで区画されています。借地権の値段としては平均、数百万円でしょうか。その上にかなりの豪邸が立って都会では有り得ない安値で取引されます。そして中には温泉付き住宅も(蓼科の公衆浴場も温泉です)。

むろん別荘地だからといって、本宅にしてはいけない理由はありません。 蓼科区としては、むしろ生活の本拠地として選んでいただければと願っています。管理付きの別荘地の場合、年間の管理費用は掛かりますが、防犯・除雪・水道凍結といった問題を考えると、しっかりとした管理会社にはそれなりの利用価値・安心感があるのです。

以下、蓼科周辺の広大な別荘地を管理している大手の不動産情報リンクです。これ以外にも、中小不動産会社等の物件情報も色々あります。ぜひ掘り出し物、探してみてください。^^

●アルピコ交通株式会社蓼科高原別荘地転売物件

●蓼科ビレッジ物件販売情報

●東急リゾート蓼科・八ヶ岳

●東洋観光 別荘・土地を探す

●三井の森蓼科販売センター

その他、蓼科ならではの不動産購入・新築に関する注意点については、こちらのカテゴリー「不動産に関する注意点」をご参照下さい。