スキー・スノボー

 スキー・スノボーをされる方でしたら、蓼科スキークラブこそ蓼科区民の大きな特権!かもしれません。

 蓼科スキークラブはピラタススノーリゾートの地元応援団であり、協賛クラブです。
 入会には会員二人の推薦、及び総会での承認が必要です。地元の方であれば蓼科区民に限るものではありませんが、通年を通して居住者であることが求められます。つまり年に何度か来られるだけの別荘住民の方は、原則対象外です。同じ茅野市民でも、市内の方ではちょっと遠すぎと思われるでしょう。

蓼科散策

 昨日は荻原社長インタビューの後、あまりの快晴だったのでロープウェイに乗って坪庭を散歩してきました。
 こちらは北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅です。 山麓駅といっても標高は1700メートル超。ほとんど山の上です。^^

音楽会

 昨晩、蓼科区にあるピラタスペンション村の中のピラタス2で、吉澤洋治(ゴダイゴ)トリオ・コンサートが開かれました。筆者の家からは車で10分ほどのご近所です。^^

蓼科散策

昨日は彫刻公園から蓼科湖をぐるっとお散歩をしてきました。穏やかな暖かい日で、とても気持ちが良かったです。^^

蓼科散策

暖かい春の日差しに誘われて、聖光寺にお花見に行ってきました。
本州で一番遅いと言われる桜は今がまさに満開! 最高でした。^^

蓼科区民優待制度

昨年度から始まったばかりではあるのですが、蓼科には蓼科区民の優待制度が存在します(区民ではない方は、申し訳ありません。<(_ _)>)。

スキー・スノボー

スキーやスノボーといったウィンタースポーツ。都会ではかなりお金がかかるスポーツというイメージがあるようです。最初の道具をそろえるのに、10万~20万円。さらにスキー場への往復だけで何千円~何万円。宿泊代も掛れば、リフト代でも一日数千円。

蓼科区民の特権, 蓼科散策

蓼科区にある蓼科神社は目立たない小さな神社です。2019年2月現在でグーグルマップで調べても出て来るのは他の「蓼科神社」だけ。我々の蓼科神社は登録すらされていないようです。

茅野市内からビーナスラインを上がってきて、プール平を過ぎ、親湯温泉入り口から50メートルほど行った、ビーナスライン沿い左側に蓼科神社の鳥居があります(気を付けていないと鳥居も見過ごしてしまいそうです。右側にお蕎麦の三五十屋さんが出てきたら行き過ぎです)。

蓼科散策

凍り具合はどうかなと乙女の滝へお散歩に行ってきました。蓼科区からは車で10分ぐらいのところです。

乙女滝は、 蓼科中央高原 横谷温泉郷にある、美しい滝。真冬の寒い時期には氷結します。行ってみると、この数日のお天気で、氷はかなり解けており、滝と氷のコラボを楽しめました。

蓼科区民の特権

 多くの蓼科区民がこんな話をすることがあります。
 「都会に行って3日も経つとストレスが溜まってきて、蓼科に帰りたくなる」と。 ・・・実際、これは僕の実感でもあります。

 蓼科に住んで/移住して良かったなあと思うことは本当にたくさんあります。「蓼科区民の特権」といえば少し大げさではありますが、蓼科に住んで良かった/得をした、と思えることを少しずつご紹介していきたいと思います。

●スキー・スノボー情報

 まずは「これがやりたくて蓼科に移住したんだ!」と聞くことが多いスキーやスノボーに関する情報です。

●蓼科散策

 蓼科とその周辺はどこを歩いても、森林浴。美しい風景が広がります。山の空気を胸にいっぱい吸い込めば、蓼科に移住して良かった!と心の底から思えて来ます。

●蓼科区民優待制度

 蓼科にはまずは地元から盛り上げて行こうという趣旨で、 蓼科区民の優待制度が存在します。

●音楽会

 蓼科は「山」のイメージであり、音楽とは無縁だと感じられるかも知れません。筆者も蓼科に移住するとき、音楽会といった文化的なものとは縁遠くなるな、と思っていました。ところが実際はその逆。ご近所で一流のアーティストの演奏に触れることが出来るのです。これは嬉しい驚きでした。

蓼科区民の皆様へ
本WEBに載せる情報・寄稿を募集しています。WEB担当委員までご連絡下さい。