令和最初の蓼科神社例祭

2019年7月11日蓼科区の行事例祭, 神社

 本日は 令和に入って初の蓼科神社例祭です。蓼科区の区長・氏子総代以下、蓼科区で役職者など主だった人たちや、さほど主立っていない人たちが蓼科神社に集まりお参りをいたしました。集合は午前11時。みなさん背広でかしこまっています。^^
 もちろん例祭には区民なら誰でも参加できます。 参加が強制ということもありません。

 例祭はお正月の歳旦祭と併せて年に二回。今日は雨が降らずにホッとしました。^^

 こちらはお供えです。担当の方が事前準備をしてくださいました。写真には撮りませんでしたが、お酒の奉納もいっぱいあるんですよ。

 T神官の「昭和・平成を捨て令和を受け取れ」という、ありがたいお話を聞き、次は直会(なおらい 宴会のこと)です。
 酒飲み、集合!\(^o^)/

 蓼科は観光地であり、外から来る観光客に支えられ発展してきたところです。そのせいなのかどうか、よそ者を排斥するといった文化は全くありません。生まれたときから地元の方も、つい最近、蓼科に移住して来られた方も、分け隔てなく和気藹々。自由に蓼科の未来をどうするか(もちろん他にも色々なこと)を語り合います。みなさん職業はまちまちですが蓼科を愛する気持ちに変わりなく、酒席で笑いが絶えることはありません。^^

 蓼科区民でまだ参加されていない方は、参加自由・参加費無料ですので(準備の関係で事前に当役におっしゃっていただければと思いますが)、ぜひご参加いただければと思います。